MENU

メンタルヘルス資格取得ナビ|講座を受講するならどこが良い?

「メンタルヘルス」という言葉をご存知でしょうか?

 

日本語に訳すと、「心の健康管理」

 

2015年12月、厚生労働省が従業員50名以上の事業所に対して、年1回「ストレスチェックの義務化」を実施したことで、その名が広く知られるようになりました。

 

特に最近は、仕事や人間関係に強い不安や悩み、ストレス、うつ病を抱える人が増えており、心のケアをおこなうメンタルヘルスに人々の関心が高まっています。

 

そこで今回は、「メンタルヘルスとはそもそも何なのか?」にはじまり、「資格の取得方法」「おすすめの勉強法」「学習する際の注意点」などを詳しく解説していきます。

 

 

メンタルヘルスとは?

メンタルヘルス画像

メンタルヘルス対策は、うつ病をはじめ、ストレス性の疾患によって苦しんでいる人の心の病を未然に防ぐことを目的としています。

 

そして、社員が自らの能力を発揮するためのきっかけ作りや、職場環境の改善をおこなうものです。

 

例えば、ガンや糖尿病などの病気であれば、健康診断の結果を確認したり、病院でレントゲンを撮ってもらえば、ある程度の病状を把握することはできるでしょう。

 

しかし、心の病の場合、はっきりとした”形”は目には見えません。

 

そこで、一緒に働く同僚や部下のささいな表情や言動、行動の変化からいち早く不調の原因に気づき、医療に繋げる「橋渡し」的な仕事を担うのもメンタルヘルスの大切な役割です。

 

また、経営者や管理職、人事担当者が専門知識を身につけることで、個別でカウンセリングをおこなったり、人材育成や自身のメンタルケアにも役立てることができます。

 

メンタルヘルス資格とは?

右肩上がり画像

メンタルヘルス関連の資格には、さまざまなものがあります。

 

どの資格にも共通して言えることですが、資格さえ取ってしまえば、すぐに就職や転職などのキャリアアップに活かせる、といった類のものではありません。

 

ただし、国の規制も変わり、今後メンタルヘルスを積極的に取り入れる会社が増えていくことを考えれば、実用的な利用価値は高いと言えるでしょう。

 

すでに、幹部候補や管理職に研修を義務づけている企業もあり、特に社会人の中では非常に人気のある資格となっています。

 

資格を取得するメリットは?

勉強することで身近な人の悩みや心の中を深く理解できるので、他者に対する思いやりの気持ちが今まで以上に大きくなります。

 

結果、部下との信頼関係を築きやすくなったり、適切なアドバイスができたり、仕事以外での家族間・友人間のコミュニケーションにもプラスの影響を与えます。

 

例えば、過去を振り返った時に「相手のことを想い、良かれと思っておこなった行為が、まったく逆の結果を招いてしまった…」という経験はありませんか?

 

そのような、日常によくありがちな相手との「誤解」や「すれ違い」といったものも少なくなると思います。

 

他にも、自分自身のストレス緩和や感情コントロールにも役立つため、すっと霧が晴れたような「スッキリ!」した気分で毎日を過ごせます。

 

また、心の病で通院や入院をしている人は、国内で323万人いると言われています。日本人のおよそ40人に1人の割合です。

 

生涯を通じて、5人に1人が心の病にかかるともいわれていますので、メンタルヘルスの専門知識を身につけておくことで、他者を助けるだけでなくいずれ自分自身の助けになる時がくるかもしれません。

 

最近では、病院の研修制度の一環として「メンタルヘルス・マネジメント検定」が採用されることも多く、看護師や保健師がスキルアップとして取得するケースも増えています。

 

資格の種類はどれくらいある?

メンタルヘルス関連の資格は、大きく7つあります。

資格 団体
メンタルヘルス・マネジメント検定 大阪商工会議所
産業カウンセラー 日本産業カウンセラー協会
EAPメンタルヘルスカウンセラー EAPメンタルヘルスカウンセリング協会
ストレスチェックコンサルタント 全国心理業連合会
ストレスチェックプランナー ストレスチェックプランナー協会
ケアストレスカウンセラー 職業技能振興会
メンタルケアカウンセラー メンタルケア学術学会

 

メンタルヘルスの資格を取得するには?

本のイラスト

メンタルヘルスの資格を得る方法は、認定団体によって若干の違いはありますが、大半は試験に合格すれば取得できます。受験資格も必要ありません。

 

中には一部、「指定講座を修了することが受験の条件」になっている資格もあるので、申し込む前に内容をしっかり確認してみるとよいでしょう。

 

ただし、確認する際に全国30以上もある「メンタルヘルス講座」を自力で1つずつ調べていくのはかなり大変です。というか、何時間あっても終わりません。

 

そんな時、通信講座&スクール専門の一括比較サイト「ブラッシュアップ学び」を活用すると、一目で特徴や違いを確認できるので便利です。

 

講座ごとに取得できる資格・料金・学べる内容などが異なります。

 

せっかくお金と時間を払って資格試験にチャレンジする訳ですから、必ず複数講座を比較したうえで自分に最も合ったものを選びましょう。

 

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ロゴ画像
メンタルヘルス講座の掲載数No,1「ブラッシュアップ学び」を活用すれば、スクールや通信講座を一覧比較&一括資料請求ができるので便利です。無料で送られてくる資料には、講座の内容や料金以外にも、最新の試験情報や資格の詳細などが写真や図解付きで分かりやすく解説されているので参考になりますよ。

 

詳細ボタン

 

おすすめ資格はどれ?

メンタルヘルス・マネジメント検定

数あるメンタルヘルス資格の中で最も有名であり、商工会議所法で定められた公的資格「メンタルヘルス・マネジメント検定」の詳細について解説していきます。

 

受験申込者数の推移
9年で3.8倍増!

メンタルヘルス対策に取り組むため、検定試験を導入する企業・団体が増加しています。
グラフキャプチャ

 

資格概要
資格 メンタルヘルス・マネジメント検定
主催団体 大阪商工会議所
日程 毎年2回(3月・11月)
受験資格 特になし
合格率

T種:11.7%
U種:48.7%
V種:78.4%
※2015年11月試験

難易度

T種:★★★★(やや難しい)
U種:★★★☆☆(普通)
V種:☆☆☆☆(易しい)
※2015年11月試験

検定料

T種(マスターコース):10,500円
U種(ラインケアコース):6,300円
V種(セルフケアコース):4,200円

講座

通学:◎
通信:◎

 

試験内容
T種【マスターコース】

■対象
人事労務管理スタッフ、経営幹部

 

■問題構成
@マークシート:2時間(100点満点)
A論述式:1時間(50点満点)

 

■合格基準
@Aの合計が105点以上。ただし、論述問題の得点が25点以上。

 

■出題内容
(1)企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性
(2)メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割
(3)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
(4)人事労務管理スタッフに求められる能力
(5)メンタルヘルスケアに関する方針と計画
(6)産業保健スタッフ等の活用による心の健康管理の推進
(7)相談体制の確立
(8)教育研修
(9)職場環境等の改善

 

U種【ラインケアコース】

■対象
管理職

 

■問題構成
マークシート:2時間(100点満点)

 

■合格基準
70点以上。

 

■出題内容
(1)メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割
(2)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
(3)職場環境等の評価および改善の方法
(4)個々の労働者への配慮
(5)労働者からの相談の方法
(6)社内外資源との連携
(7)心の健康問題をもつ復職者への支援の方法

 

V種【セルフケアコース】

■対象
一般社員

 

■問題構成
マークシート:2時間(100点満点)

 

■合格基準
70点以上。

 

■出題内容
(1)メンタルヘルスケアの意義
(2)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
(3)セルフケアの重要性
(4)ストレスへの気づき方
(5)ストレスへの対処、軽減の方法

 

おすすめの勉強法は?

学習方法は、大きく3つに分けられます。

 

@通信講座で勉強する

問題集のイラスト

働きながら勉強する社会人や、忙しい主婦に人気の学習方法です。各講座・専門学校などが監修している参考書・DVD教材・問題集を利用して、自宅で自分の「やりたい時」「都合の良い時間」にマイペースで学べるメリットがあります。

 

期間は平均3〜6ヶ月、費用は3〜5万円くらいが一般的。最近では、インターネットを利用して自宅でリアルタイムに講義を受講できる「eラーニング」を導入した講座なども人気を集めています。

 

中には、始めてはみたものの長続きせず、途中で投げ出してしまう人もいるようです。通信講座は、自分でスケジュールを立て、毎日コツコツと計画に沿って学習を続けられる意思の強い人におすすめです。

 

通信講座の費用はどれくらい?

※一例になります。

キャリアカレッジジャパン

メンタル・ヘルスマネジメント検定(U種・V種)合格指導講座

 

キャリカレキャプチャ

 

■期間:約4か月

 

■費用:32,000円(税別)

 

■資格:メンタルヘルスマネジメント(U種・V種)

 

■教材セット内容:
学習ガイドBOOK・テキスト2冊・実践DVD4枚・添削問題・過去問題集2冊・無料カウンセリング実習サービスサポートBOOKなど

 

■カリキュラム内容:
4ヶ月間で、メンタルヘルスマネジメントU種・V種のW合格を目指す講座です。

 

マンツーマンの丁寧な添削指導はもちろん、不合格の場合「全額返金保障」も付いているので、初めて挑戦する方でも「無理なく」「楽しみながら」続けられるカリキュラムになっています。

 

A学校・スクールで勉強する

学校のイラスト

平日の夜間や休日などを利用し、実際に教室で授業を受けながら本格的に勉強する方法です。

 

スケジュールなどはあらかじめ決められているので、それに沿った形で学習を進めています。

 

期間は平均1〜12ヶ月。5万円前後の短期集中型の講座から、本物のプロフェッショナルを育成することを目的とした中・長期型の講座までさまざまなものがあります。

 

通信や独学と比べて費用は若干高めです。「より実践的なプログラムを学びたい」「将来は専門家になりたい」「短期間で集中して合格を目指したい」といった方におすすめの学習方法です。

 

学校・スクールの費用はどれくらい?

※一例になります。

リカレント

メンタルヘルス・マネジメントコース(U種)

 

リカレントキャプチャ

 

■期間:約1か月

 

■費用:64,800円(税別)

 

■資格:メンタルヘルスマネジメント(U種)

 

■カリキュラム内容:
大学の心理学部や大学院の心理専攻レベルの内容を短期間で習得できるカリキュラムになっています。

 

メンタルヘルスマネジメント(U種)に完全対応。不合格になった場合は翌期の受講料が無料になる「合格保障」が付いているので、確実に資格の取得を目指す人向けのコースです。

 

「職場の心の健康づくり」「部下のストレスケア」「復職支援のための体制」など、企業における心の健康管理に必要な知識を体系的に習得することができます。

 

参考書を購入して独学で勉強する

メンタルヘルス関連の資格試験は、受験資格が設けられていないものも数多くあります。

 

そのため、自分で参考書と問題集(過去問)を購入して、独学で勉強する人も少なくありません。

 

独学のメリットは、費用が安く済むこと、自分のペースで「好きな時間」「好きな場所」で学習できることなどがあります。

 

反対にデメリットは、分からない部分があってもすべて自分で解決しなければいけない、モチベーションを継続するのが難しい、学習効率が良くないといった点があります。

 

参考書は、文字が多く通常の書籍に比べて非常に読みづらいですが、必ず一度は目を通しておきましょう。

 

独学の具体的な勉強方法については、こちらの記事も参考にしてみてください。おすすめの参考書なども紹介しています。
メンタルヘルスマネジメント検定の勉強法まとめ

 

独学にかかる費用はどれくらい?

■期間:平均2〜6ヶ月※個人のペースによる

 

■費用:7,000円前後(テキスト2,000円〜3,000円、問題集2,000円×2冊)

 

まとめ